AP-Vision/CloudとRPAを組み合わせて
さらに効率的な業務と管理を!
働き方改革を成し遂げるプロダクトサービスです。

RPA(Robotic Process Automation)とは、ソフトウェアのロボットが人に代わってパソコンを操作し、
さまざまな業務を代行する概念です。業務代行するロボットはデジタルレイバーと呼ばれ、人手不足や働き方改革を解決する施策として多様な業種に導入が増えており、今後ますます盛んになると言われています。
現在、VINXではRPAテクノロジーズ社のBizRobo!と提携し、お客様のRPAプロダクト導入を支援しています。

RPAを導入するメリット

人的作業ミスの
削減・防止
リードタイムの短縮
作業時間の平均化
属人化の防止
業務プロセスの標準化
休日対応の実現
担当者のストレス軽減
ペーパーレス化
情報の「見える化」
コスト削減
労働力の確保
セキュリティ・
監査対応強化
TOPへ戻る▲

RPA、デジタルレイバーの特長・ポイント 

 
ミスをせず正確な
作業をすることが可能
教えたことを教えたとおりに作業します。覚えた仕事はミスせず正確にこなします。
手作業に比べ何倍も
早く仕事
することが可能
手作業では時間のかかる仕事でも、ロボットなら何倍ものスピードで自動処理します。
休まずに常に
作業を
続けることが可能
ロボットなので、休まず24時間働いてくれます。疲れて効率が落ちることもありません。
辞めることがないので
安心して任せることが可能
急に仕事を辞めたりしません。いつも頼りになるパートナーとして働いてくれます。
必要に応じて
すぐ増やすことが可能
必要なときにロボットを増やすことができます。人手不足や採用に困ることもありません。

TOPへ戻る▲

AP-Vsion/Cloud + RPAでできることの一例

登録業務支援
マスタ登録など定型的かつ定常的な業務について、登録情報を受領後、各固有フォーマットから
AP-Vision/Cloud登録用フォーマットに変換し、AP-Vision/Cloudに登録を行います。
各種報告書作成支援
AP-Vision/Cloud より連携されたデータ(各種販売実績データなど)を基に各社定型フォーマット化された実績報告書(営業日報や月報など)を作成し、メール配信やファイル配置を行います。
アラート・エラー情報の検知・連絡
AP-Vision/Cloud内で発生したアラート及びエラーを取得し、オフィス及び店舗向けメール及びLINEにて検知の連絡を行います。
支払・請求照合業務支援
AP-Vision/Cloudで作成した仕入先への支払明細書及び得意先への請求書を、それぞれ仕入先からの請求書、得意先からの支払明細書に対して整合性チェックを行い、結果をメール配信やファイル配置を行います。

AP-Vsion/Cloud + RPAの連携による
商品コントロールの自動化

商品コントロールの自動化
「シーズン商品完売」などの目的に合わせて商品コントロールを自動化。 PDCAサイクルの中で特に時間や手間がかかるCheckとActionをRPA化することにより、迅速な判断と 商品の消化率アップ、売上アップにつなげます。 また、AI技術を併用することによりその判断精度はさらに向上することが期待できます。
MD業務での気づき
◇店舗・品番・SKU毎の売上在庫情報を元に、推奨アクションを判定
◇「推奨アクション」を元にMD,DBの判断を加味し、確定アクションを店舗へ通達し消化率アップを狙う
商品コントロール業務の目的
「シーズン商品完売」の場合
◇計画通りに販売遂行する為KPI閾値で問題店舗商品を抽出し早期対処策を実施

TOPへ戻る▲

AP-Vsion/Cloud + RPAは
このような課題・問題を解決できます

欠品してから売れる商品と気づいて追加発注するので販売機会を損失してしまうし、
届く頃には旬が過ぎてしまう。

VINXデジタルリテールの
AP-Vision/Cloud + RPAならば、

商品コントロールを自動化することで、あらかじめ定義されたルールに基づき売れると予想される商品を抽出。推奨アクションを判定し、追加発注、店舗補充の指示情報も自動作成してくれます。

予想よりも商品が売れず結局デッドストックになってしまう。

VINXデジタルリテールの
AP-Vision/Cloud + RPAならば、

あらかじめルールを定義し、商品コントロールを自動化することで各商品ごとに店間移動や売価変更、アウトレットへの移動など、推奨アクションを自動で判定します。

店舗別商品別に分析をしたいが、人も時間も足りない。

VINXデジタルリテールの
AP-Vision/Cloud + RPAならば、

商品コントロールを自動化することで、事前に定義したルールに基づいてロボットが自動的に分析し、各店舗各商品ごとに最適な推奨アクションを判定してくれます。

取引先情報や商品情報など、
フォーマットがバラバラで管理システムに
登録するのが大変。

VINXデジタルリテールの
AP-Vision/Cloud + RPAならば、

登録情報を受領後、各固有フォーマットからAP-Vision/Cloud登録用
フォーマットに変換し、自動登録することができます。

販売実績データなどを報告書にまとめる作業を自動化できないだろうか。

VINXデジタルリテールの
AP-Vision/Cloud + RPAならば、

AP-Vision/Cloudより連携されたデータ(各種販売実績データなど)を
基に定型フォーマット化された実績報告書(営業日報や月報など)を作成し、
自動でメール配信やファイル配置を行えます。

仕入先や得意先からの支払明細書や請求書を、自社のものと照らし合わせて
チェックする作業に時間を取られる。

VINXデジタルリテールの
AP-Vision/Cloud + RPAならば、

AP-Vision/Cloudで作成した仕入先への支払明細書及び得意先への請求書と、仕入先からの請求書、得意先からの支払明細書を自動で整合性チェックを行えます。

TOPへ戻る▲

AP-Vision/Cloud + RPA で
さらに業務を効率化!

▼▼ お問い合わせはこちら ▼▼

下記の個人情報の取扱いについてをご一読いただき、
以下のフォームに必要事項をご記入の上、
「確認」をクリックしてください。
内容によりましては、ご返答に時間がかかる場合が
あります。あらかじめご了承ください。

個人情報の取扱いについて
当社は、個人情報保護の重要性を深く認識するとともに、「個人情報及び特定個人情報保護方針」(※1)に従い、下記に記載のとおり個人情報及び特定個人情報を適切に取扱います。

1. 個人情報取扱事業者の名称
株式会社ヴィンクス(以下、「当社」といいます。)
2. 個人情報の管理体制
当社は、プライバシーマーク付与事業者として、特定個人情報を含む個人情報の保護に関するマネジメントシステムを構築し、個人情報及び特定個人情報保護に関する全ての法令、監督官庁のガイドライン、規範及び当社の個人情報及び特定個人情報保護方針並びに関連する社内規程(以下「法令等」と総称します。)を遵守し個人情報及び特定個人情報の適切な管理に努めております。
3. 個人情報の利用目的
当社は、個人情報を以下のような目的で利用させていただきます。
また、特定個人情報については、法令で定められた利用目的の範囲内でのみ利用します。
・ 契約上の権利義務の履行
・ 各種取引における取引先様との連絡や連絡先情報の管理、連絡内容の管理
・ 新卒、中途採用選考の手続その他従業員の人事労務管理
・ 当社が取り扱う商品・サービスに関するご案内、各種お問合せへの回答
・ 当社が主催、共催、および協賛するセミナー、展示会、商品説明会のご案内、アンケートのご依頼
・ 各事業所における情報セキュリティ対策その他安全衛生管理
・ 会社法その他の関係法令に基づく株主様への対応並びに当社の義務 履行
・ 上記の他、当社が利用目的を明示しご本人に事前に通知し、同意いただいた利用目的
4. 個人情報の利用
当社は、個人情報を利用目的の範囲内で利用し、法令等に基づき許容される場合を除き、ご本人の同意なく利用目的以外での利用はいたしません。 また、特定個人情報については、たとえ本人の同意があったとしても利用範囲を超えた利用はいたしません。
5. 個人情報の共同利用
当社は、取得した特定個人情報を除く個人情報(従業者及びお取引先様に関する個人情報)を前記4.の利用目的の範囲内において、ヴィンクスグループ(※2)との間で共同して利用いたします。この場合の共同利用の管理責任者は、当社といたします。

(1)共同利用することのある項目
氏名(氏名を特定する勤務先・所属・肩書き等を含みます)、住所、電話番号、ファックス番号、メールアドレス等、ご要望やお問合せに関する事項等。
(2)共同利用する場合の個人情報の取得方法
電子メール、電話・ファックス・郵便物等の通信手段。

6. 個人情報の第三者提供
当社は、法令等に基づき許容される場合を除き、ご本人の同意なく個人情報を第三者に対し提供することはいたしません。 また、特定個人情報については法令に定めがある場合を除き、第三者には提供しません。
7. 個人情報の取扱いの委託
当社は、個人情報保護管理体制について一定の水準に達していると当社が認めた第三者に対し、個人情報及び特定個人情報の取扱いに関する契約を取り交わしたうえで、その取扱の委託を行うことがあります。なお、委託先に対しては適切な監督を行います。
8. 個人情報の安全管理
当社がお預かりする個人情報及び特定個人情報については、下記に示しますとおり、経済産業省が策定した個人情報保護法に関するガイドラインや特定個人情報保護委員会が策定した特定個人情報取扱いに関するガイドラインに則り、漏洩、滅失、毀損、不正アクセスの防止、その他個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じ、定期的点検を行い管理しております。

(1)組織的安全管理措置
1. 組織体制の整備
管理責任者の選任及び委員会(セキュリティ強化委員会)の運営
2. 規程の制定および規程に従った運用
情報セキュリティ方針に基づくセキュリティポリシ(規定、細則)の策定および運用
3. 個人情報取扱台帳の整備
個人情報を取扱う業務について台帳管理
4. 安全管理措置の評価、見直しおよび改善
各部門責任者による点検、内部監査およびマネージメントレビューによる改善
5. 情報セキュリティに関する事故、違反への対処
対策本部の設置および違反者への法的措置
(2) 人的安全管理措置
1. 雇用および契約時における誓約書
全従業者への提出義務づけ
2. 従業者に対する教育・訓練
委員会活動及びeラーニング、集合教育等による全員教育の実施
(3) 物理的安全管理措置
1. 入退室管理の実施
ICカードによる入退室制管理の実施
2. 盗難等に対する対策
書類・媒体の施錠保管、可搬PCのワイヤーロック、クリーンデスクの実施
3. 機械・装置の物理的な保護
個人情報を取扱う業務専用のセキュリティルーム設置
(4) 技術的安全管理措置
1. アクセスの識別と認証
ICカード、指紋認証による個人認証
2.アクセス制御
アクセス者の最少化とアクセス制御の実施
3. アクセス権限の管理
職務に応じたアクセス範囲と権限設定の管理
4. アクセス記録
作業記録、アクセスログの取得と保管
5. 情報システムに対する不正ソフトウェア対策
ウイルス対策定義(DAT)とセキュリティパッチの自動適用
6. 移送、通信時の対策
移送媒体の暗号化および電送化、通信におけるVPN、セキュアメールの利用
7. 情報システムの動作確認時の対策
運用データの使用禁止、必要な場合は許可者かつ監視されたエリアでの実施
8. 情報システムの監視
アクセスログの監視および作業記録との照合
(5) 従業者、委託先の監督
監視モニタリング、インターネット接続その他コンピュータシステム全般のアクセス制限、委託先管理責任者を対象とする定期的な教育、委託業務監査

9. 個人情報の開示等
当社は、ご本人から個人情報に関する開示、訂正、追加、削除、利用目的の通知、利用停止または第三者への提供の停止等の要請をいただいた場合、所定の窓口にて速やかに対応させていただきます。
10. 当社が所属する「認定個人情報保護団体」
現在、当社の所属する認定個人情報保護団体はございません。
(※1)個人情報及び特定個人情報保護方針の参照先はこちら
(※2)ヴィンクスグループの参照先はこちら
〔個人情報についてのお問い合わせ先〕
 株式会社ヴィンクス(当社)
 管理本部 総合管理部 個人情報相談窓口  
 電話:03-5637-7850  
 個人情報お問い合わせフォーム
〔個人情報保護管理者〕
 当社セキュリティ強化委員会 委員長  連絡先:同上

必須









必須



必須







必須


必須



当社の個人情報の取扱いにご同意され、
必要事項を記入し終えましたら、
「個人情報の取り扱いに同意する」にチェックを入れ、下の「確認」ボタンを押してください。

必須