課題解決メインイメージ 課題解決メインイメージ

VINXのデジタルリテール

課題を解決する

業務上の悩みや課題、
VINXのデジタルリテールが
解決します。

課題解決イメージ

業務効率化について

同商品なのに、カラーやサイズ、生産国などで品番を変えなければならないえるのが面倒。

VINXデジタルリテールの
AP-Vision/Cloudならば、

商品コードにサブコードを組み合わせることで、品番が同じ商品でもSKUを
区分けして管理ができます。

海外仕入を行っているけど、為替レートや経費などの反映が大変。

VINXデジタルリテールの
AP-Vision/Cloudならば、

輸入契約機能・決済機能により、外貨発注・仕入、諸掛金額の商品原価への
配賦が可能です。
スムーズな輸入業務と適正な原価管理が実現できます。

小売業務と卸売業務があるので、
基幹システムを業務により2つ使い分けしていて煩わしい。

VINXデジタルリテールの
AP-Vision/Cloudならば、

1つのパッケージで小売と卸売の両業態を業務運用できます。
例えば出荷指図では、小売(直営店)向け指図も卸売向け指図も同じ機能で
行うことができます。

取引先情報や商品情報など、
フォーマットがバラバラで管理システムに
登録するのが大変。

VINXデジタルリテールの
AP-Vision/Cloud + RPAならば、

登録情報を受領後、各固有フォーマットからAP-Vision/Cloud登録用
フォーマットに変換し、自動登録することができます。

販売実績データなどを報告書にまとめる作業を自動化できないだろうか。

VINXデジタルリテールの
AP-Vision/Cloud + RPAならば、

AP-Vision/Cloudより連携されたデータ(各種販売実績データなど)を
基に定型フォーマット化された実績報告書(営業日報や月報など)を作成し、
自動でメール配信やファイル配置を行えます。

仕入先や得意先からの支払明細書や請求書を、自社のものと照らし合わせて
チェックする作業に時間を取られる。

VINXデジタルリテールの
AP-Vision/Cloud + RPAならば、

AP-Vision/Cloudで作成した仕入先への支払明細書及び得意先への請求書と、仕入先からの請求書、得意先からの支払明細書を自動で整合性チェックを行えます。

TOPへ戻る▲
課題解決イメージ

オムニチャネル化について

ECサイトでせっかく受注があったのに在庫切れをおこしていた。

VINXデジタルリテールの
AP-Vision/Cloudならば、

リアル店舗在庫情報をAPI連携し、ECサイト上に店舗在庫を表示可能。
在庫確認もしやすく機会を逃しません。

VINXデジタルリテールの
AP-Vision/Cloud + SENSY MDならば、

リアル店舗在庫情報をAPI連携し、ECサイト上に店舗在庫を表示可能。
在庫確認もしやすく機会を逃しません。また、AIによる需要予測で、在庫が切れる前に追加発注指示の自動生成も可能です。

EC店とリアル店舗で別々にデータ管理しているため混乱してしまう。

VINXデジタルリテールの
AP-Vision/Cloudならば、

ECサイトとの連携により、自社EC店やECモール店、直営店など
1パッケージですべて一元管理できるので店舗ごとの分析や比較などが
効率的にできます。

TOPへ戻る▲
課題解決イメージ

ECサイト運営について

別ブランド立ち上げの際にスムーズに
ECサイトを追加したい。

VINXデジタルリテールの
Commerce-Gateならば、

複数ECサイト展開にも対応可能。サイト毎に商品・顧客・在庫・受注管理が可能。マルチサイトの場合でも特別な費用は掛かりません。

EC業務用で複数の倉庫を持っているが、
効率よく在庫管理や引当を行いたい。

VINXデジタルリテールの
Commerce-Gateならば、

倉庫の引当優先設定によって、効率的に引当を行います。また、在庫データはファイルアップロードにて更新も可能なので、管理も効率的です。

EC業務でノベルティや販促品の同梱ミスが
目立つのでなんとかしたい。

VINXデジタルリテールの
Commerce-Gateならば、

プロモーション設定にて同梱条件を登録することで、ノベルティ商品を受注明細に自動で追加します。キャンペーン感覚で設定ができますので、効果的に利用することで、購買チャンスも増やすことが出来ます。

ECサイトで注文の一部取消に対応出来ず、販売機会を逃した。

VINXデジタルリテールの
Commerce-Gateならば、

注文の一部取消や一部返品に対応しておりますので、全商品の取消後に再注文をいただくなどの手間はなく、販売機会を逃しません。

同一配送先の注文を効率よく処理したい。

VINXデジタルリテールの
Commerce-Gateならば、

同一配送先の異なる注文については同梱処理が可能です。納品書も一括して出力しますので、効率的な処理が可能です。

TOPへ戻る▲
課題解決イメージ

マネージメント支援について

販売商品の評価替を効率的に行いたい。

VINXデジタルリテールの
AP-Vision/Cloudならば、

商品属性等で抽出し、率または評価減単価でスムーズな評価替が可能です。
評価替の試算結果(セクション、商品属性別、セクション、品番別)の出力や過去の評価替結果の確認もでき、洗替法、切放法対応が可能です。

店舗別商品別に分析をしたいが、人も時間も足りない。

VINXデジタルリテールの
AP-Vision/Cloud + RPAならば、

商品コントロールを自動化することで、事前に定義したルールに基づいてロボットが自動的に分析し、各店舗各商品ごとに最適な推奨アクションを判定してくれます。

売れる商品の追加発注が間に合わず販売機会を逃したり、
売れない商品のマークダウンのタイミングが遅く売れ残ったりしてしまう。

VINXデジタルリテールの
SENSY MDならば、

実績データを基に発売開始から販売終了までの販売数量をSKU単位で予測。
適切な追加発注やマークダウンをアラート通知でご提案し、在庫削減、機会損失の低減が実現できます。


VINXデジタルリテールの
AP-Vision/Cloud + RPAならば、

商品コントロールを自動化することで、あらかじめ定義されたルールに基づき各商品ごとに追加発注、店舗補充、店間移動や売価変更、アウトレットへの移動などの推奨アクションを判定し、指示情報も自動作成してくれます。

お客様に向けてDMを送付しているが反応が少ない。

VINXデジタルリテールの
SENSY Marketing Brainならば、

AIが人間の感性や嗜好を分析し、お客様一人ひとりにあった興味を持ってもらえるパーソナライズDMを送ることが可能です。

色々なタイプのお客様がいるので、顧客ごとにおすすめする商品や割引率を変えたい。

VINXデジタルリテールの
SENSY Marketing Brainならば、

ユーザーデータ、商品データ、購買データを基に、お客様ごとにおすすめ商品・キャッチコピー・デザイン・割引率を最適化し、パーソナライズされたDM/メルマガが作成可能です。

商品数が多く、お客様の好みにあった商品を見つけてもらえない。

VINXデジタルリテールの
SENSY Marketing Brainならば、

個人の感性と嗜好を学習するパーソナル人工知能で、各お客様の好みにあった商品をダイレクトにレコメンドすることが可能です。

需要予測をMD担当者の経験と勘に依存してしまい、当たり外れも多い。
安定した需要予測はできないだろうか。

VINXデジタルリテールの
SENSY MDならば、

AIが社内外のデータを学習用データとして連携。科学的に分析・立案するため、担当者のスキルに頼っていた需要予測の業務プロセスを平均化できます。
結果を自動フィードバックすることで、精度も向上していきます。

売上結果を受けて、なぜ売れたのか、売れなかったのかなどの原因もよくわからず、
次のMD計画に活かされにくい。

VINXデジタルリテールの
SENSY MDならば、

売上結果は人工知能にフィードバックされ、AIにより分析・解析され自動的に次回のMD計画に活かされます。
それにより、予測精度は向上していきます。

店舗の売上不調の理由が掘り下げられず、
原因がわからない。

VINXデジタルリテールの
ABEJA Insight for Retailならば、

あらゆるデータを可視化し分析することで売上好調・不調の原因がわかります。データを元に店舗改善していくことでさらに売上が向上することも期待できます。

客が減っている感覚はあるが裏付けが
取れず、
店舗は「集客のせい」にして、
本社は「接客の質のせい」にしている。

VINXデジタルリテールの
ABEJA Insight for Retailならば、

データを収集することで正確な来客人数・買上率などが取得できます。例えば来客人数が減っているのに購入者数が増えている場合などは、むしろ店員の接客力は向上していると言えます。

チェーン店の店長をしているが、本社の管理職が店舗に来た時などに
「調子どう?」と聞かれても曖昧なことしか答えられない。

VINXデジタルリテールの
ABEJA Insight for Retailならば、

店舗データを取得・分析をすることで各店舗ごとの課題や目標が見えてきます。データを元に店舗改善で売上向上を図ったり、目標の買上率を設定したりすることで、具体的な課題設定と報告ができます。

TOPへ戻る▲
課題解決イメージ

その他便利な機能について

子会社でも同じシステムを使いたいけど、
新たに構築しなければならないだろうか。

VINXデジタルリテールの
AP-Vision/Cloudならば、

子会社やグループ会社など、複数法人オプションを選択いただくことで
1サーバライセンスで管理、運用ができます。

TOPへ戻る▲